あたいは、4年齢の時に母親に連れられエレクトーン

あたいは、4年齢の時に母親に連れられエレクトーン講習へ行きました。それから8年齢ぐらいまではエレクトーンの部類特訓に通っていました。部類特訓なので、お友達との遭遇も、陳列会にかけてみんなで頑張ることも、みんなでお揃いのウェアを着て出た陳列会もとても楽しかったことを覚えています。9歳になる頃、エレクトーンは卒業し、姉が習っていたピアノ講習へ行くこととなりました。自分特訓なので慣れるまでは極めて緊張していました。またエレクトーンとピアノは難しさがまた変わり、徐々に実践しも不愉快になり週間一括講習へ行くのも憂鬱になってしまっていました。
ただし、ピアノがはじけると言うことは、ゼミナールでは単なる人気になれるのです。音楽室で幾らか弾いてみると、「素晴らしいね!」と言われたりして、うれしくなり、実践も頑張ろうと思いました。
小学5年生の合唱コンクールでは、伴奏をつとめ、また物覚えとなりました。
中学にあがるシーン、部活で忙しくなるのを理由にピアノ講習を辞めました。
ただし大人になった今日、時々ピアノを弾いて楽しんでいます。
水素で健康、サプリを飲もう
ただ、あの期間ひときわ一所懸命練習しておけばよかったな、二度ときちんとやっていればより上手に弾けたのに、という自責もしている。
仮に自分にお子さんができたら、ピアノを弾いて一緒に歌ったり目指すだ。お子さんが仮に注目を持ったらピアノを習わせ、自分も一緒に実践を楽しみたいだ。
ピアノを弾く楽しさをわかり、長く通わせてくれた父母に相当サンキュー。これからもときどきピアノを弾きたいと思います。